ぽっこりお腹が引っ込んだ驚きのダイエット法

ご飯を食べた後にぽっこり出てくるお腹が気になっていたのですが、そんなお腹の引き締めダイエットに効果があったのがヨガの呼吸法でした。

毎日正しい姿勢のまま立って、胸郭を開いて大きく空気を吸い今度はお腹を意識しながらゆっくり息を吐きだします。

ポイントはお腹を出来るだけ引っ込める事なのですが、こうすると自然にお腹の筋肉が引き締められ毎日この呼吸を意識しながら行なっているうちに、ぽっこりお腹が次第に解消されたのです。

様々なダイエット法がある中で、これだけ効果があったのは初めてだったのでかなり驚きました。

この呼吸法は代謝も上がるので痩せ体質にするのにも効果が高いです。

最近はこれに加えて酵素ドリンクを飲むようになり健康を維持していこうと思っています。

世間では酵素ドリンクというと置き換えダイエットのイメージが強いですが、私の場合は健康を重視しているので飲みやすさよりも無添加であることを重視して酵素ドリンクを選んでいます。

 

汗をかかない体質と乾燥肌

冬は特に乾燥肌が気になります。

毎日保湿対策を行っていますが、それでも肌の乾燥が気になります。

乾燥するのは汗をかきにくくなっているからかもしれません。

そこで、私はなるべく冬でも汗をかくように心がけています。

例えば、かなりの防寒対策をして歩いています。

外は寒いですが、運動で暑くなった体温が防寒着で外に逃げないので、汗をかきやすくなります。

他にも発汗性のある食べ物を食べるようにしています。

キムチなどの辛いモノや、生姜など身体を温めるものも有効的です。

私は昔から体質的に、上半身は汗をかきますが、下半身は汗をかかない傾向があります。

なので、いくら運動を行っても、上半身は汗でびっしょりですが、下半身はまったく汗をかかないことも少なくはありません。

下半身もリンパマッサージをしたり、防寒着やカイロなどで身体を温めるようにしています。

しかし、汗をかかないのでどうしてもむくみやすくなっているようです。

そのせいか、上半身よりも下半身のほうが乾燥しやすい気がします。

下半身も汗をかくような体質になれば、乾燥肌が解消できるのではないかと思っています。

 

消化には思いのほかエネルギーを使う

疲れすぎで消化不良を起こした経験があります。

睡眠時間も少なくて、本当に疲れ切っていたのですが、仕事が立て込んでいて、どうしても休むことができない日々が続いていました。

そして胸がむかむかして、急に吐き気が来て、会社のトイレで戻してしまったんですね。

すぐに病院に行ったんですが、疲労で胃の働きが止まって、消化できずにいたという事です。

その時に、お医者さんから書物を消化するにはとてもエネルギーが必要であり、身体がつかれて医の働きが鈍ると消化が出来なくなってしまうという話を聞きました。

疲れている時には普通通りの食事をしてはいけないという事です。

例えば、お肉とか揚げ物なんかは大変消化しにくい食品だと言いますよね。

だから、疲れている時にそういう食事はしない方が良いという事です。

疲れているからこそ、スタミナをつけたいという気持ちは分からなくもありませんが、スタミナたっぷりのおかずを食べて、その後体に負担がかかり、吐き戻してしまうようなことがあれば食事をした意味もありません。

だから、スタミナ食というのは身体が元気になってから食べるものであり、本当に体が疲れている時には、お粥とかうどんとか、胃に負担をかけず、消化に優しいものを食べ、身体の回復を待つ方が先なのです。

 

美容のためにしていること

美容のためにしていることとしては、たまに家でヨガのDVDを見ながらヨガをしています。

寝る前などにすると、血行がよくなるせいか、朝、意外とスッキリおきれたり、体がかるくなったりして、体調も良くなるので、お勧めです。

更に、DVDで説明を見ながらするので、複雑な動作なども覚える必要もなく、家でも手軽にヨガが出来るところが気に行っています。

又、私は夜ごはんを食べるのが遅くなってしまいがちで、だいたい、9時とか10時に夜ごはんを食べるので、そのまま普通に食べていたころはやや太り気味でした。

このままでは、肥満になってしまうんじゃないかと思っていた矢先に、本で立ち読みした情報から、炭水化物やおかずなどを食べる前に、野菜を10分ぐらいかけて食べると太らなくなるというのを読んだので、それを実践してみました。

実際、効果はあったようで、3kgぐらい痩せました。

それから、必ず野菜を350gぐらい食べてから残りのおかずを食べています。